ブログのメンテナンスをしよう

スポンサーリンク




さてさてブログをすすめていくうちになんとなく編集に慣れてきます。

当初ぎこちなく作っていたところもありますので、適当な時間でメンテナンスすることをおすすめします。

アクセスが少ないブログなら少ないうちに終わらせておいたほうがいいと思いますね。

なんてベテランぶりな書きっぷりなわけですが自分も初めて見直しを行いました。

自分流の見直しと改善ポイント

  • 文体の統一化…微妙に異なるところもありますので何かに統一しましょう 例えば一人称が僕だったり私だったりとかありがちです
  • 文章の再推敲…結構読みにくかったりするところやより良い表現があったりしますので改造
  • 誤字脱字の確認…結構ありますね まだあるかもです 自分の場合は…
  • レイアウトの統一化 新しく覚えたコードなどもありますので統一します
  • プロフィールなど固定ページの見直し…当時これでいいと思ってもやっぱり直すところはあるものです
  • アイキャッチも含めた画像の見直し…場合によっては追加してもいいですし、明るさ 色合いなども調整します
  • カテゴリーの整理…ジャンルや階層の見直し

ざっとはこんなところです

注意点(たとえ読者がいなくても)

表現をあらためたりコンテンツを追加したり文章を見直したりはいいと思いますが明らかに当時と情報が異なる場合や誤記があった場合などは前の文章は残して(打消し線などで消すのはいいと思います)訂正したほうが親切なと思います。これは常に訂正しているってところが読み手に伝わることで過去記事までしっかりと管理されたブログだなってのが少しは伝わると思います。情報の記事

自分流ネットにある情報の見分け方

2017.07.09
でも書いたのですが、古い情報だと信用度が下がりますが、訂正などがあり、訂正日時を加えることで少なくとも訂正日時時点では正しい情報なんだなというこが読み手に担保されます。同時にブログ全体も古い記事もあるが今でも通用する記事が多いっていうことが読み手の印象に伝わることもあると思います。
訂正ばかりでは逆効果かもしれませんが、必要な訂正や訂正のお知らせは残しておくことをおすすめします。

記事が増えてきた場合の対応

記事が増えてくるとなかなか大変ですね 一気にやるのはなかなか大変かと思います。自分はこの記事を書いている今時点ではそこまで記事が多くないのですがもし将来記事が増えてきたら同じ課題にぶちあたると思います。そんな時は自分なりのルールを作ってみてはどうかと思います 例えば一か月 二か月ごとに全部見直す アクセスが一定の数の記事を優先して見直しをかけていくなどですね。

まとめ

僕の場合は自分が読んだ文章を読み直すと書き換えたい場所が結構出てきます。そしてしばらく時間がたって前のほうがよかったなんてこともまれにはあります。ましてやブログを初心者状態で立ち上げ一か月ですから熟成されていなくて当然です。まずは更新という方針でやってきたのでやはり立ち止まって振り返ることも必要だと思います。自分なりに完成度が上がってきたと思ったらその記事は見直す頻度は下げてもいいかと思います。

積み重ねがブログを育てますね。

頑張ります。

 

スポンサーリンク