整体と整形外科の違いは何だろう~肩首の痛みと闘う~

スポンサーリンク




肩首の痛みが治りません。

日によって良い日悪い日あるのですが、最近は痛みで

目が覚めることもあります。

 

肩・首の痛みが悪化したので病院へ行ってきました。

2017.06.08

ただでさえ睡眠負債が積もる毎日なのでこれではたまったものではありません。

ということで今度は整体を試してみることにました。

ところで整体と整形外科の違いって何でしょうか

簡単に調べてみみました。

整形外科と整体の違いは?

・整形外科

  • 国家資格を持つ医師がいる
  • 国民健康保険が使える
  • 医師であるためレントゲンや血液検査 投薬が行える。

整体

  • 公的資格は不要(民間資格)
  • 病気やけがの正式な診断ができない。
  • 保険の適用が無い分診療が自由(料金も高い)

 

自分が簡単に調べてみるとこんな感じです。

どうでしょう?

整形外科のほうがなんとなくいいような気がしますよね?

でも整体院はたくさんあります。

結局のところどうなんしょう?

結局のところ整形外科であれ、整体であれ施術する人の腕による

したがってどちらでもいいので腕がいいほうに行くということです。

同じ医者でも腕の善し悪しや得手不得手があるように整体も良し悪しはあるはずです。

あ、これは自分の場合です。

例えばけがをしての治療 そこからのリハビリなどは整形外科での治療しかありません。

でも自分のようなよくわかんないけど慢性的な痛みがあるって場合は整体も選択肢に入ります。

整形外科の診療・治療の流れ

”頸椎椎間板症”この診断を受けての診療は以下の流れです。

まず初日に先生によるヒアリング そして関節の動きを確認 レントゲン撮影を行い、

結果を受けて首の牽引や理学療法技士さんのリハビリといった流れで

以降は首の牽引と理学療法技士さんのリハビリを継続しています。

理学療法技士さんで月一度 リハビリの見直しがありますが、

症状が変わらないせいか特にリハビリの内容が変わるということもありません。

整形外科で治療を受けての感想

やむを得ないことと理解していますが、やはり流れ作業的な印象です。

また上記結論に書いたように人によるってところを感じます。

自分の通う整形外科は担当制ではなく行くたびに異なる理学療法士さんが

リハビリをしてくれるのですが、やはり効果のある人や無い人がいます。

例えば肩が痛いといえば肩だけほぐす人もいれば

足腰から疑って改善してくれる人もいました。

素人なので個人的な判断しかできませんが、僕は後者の方のほうが

効果を感じましたし、トータルで見ても上手いなあって感じました。

皆さん一生懸命治療していただいているのですがこちらも結果は求めてしまいます。

そこで整体を検討してみた

整体を調べてみるとはやり得意分野があるようです。

例えば腰痛改善だったり産後の体型改善など女性向けのメニューが充実しているなどです。

自分が選んだポイントはやはり全身を見ての根本治療 それに向けて運動や食生活も含めた改善

慢性的な痛みの改善といったところです。 とはいえいかないと本当のことはわかりません。

通っている人が友人 知人にいれば聞いてみるのも手でしょうが、そうでもないと

最初はネットなどの口コミや実績を参考に選んで見るほかはないですね。

あと大事なポイントとして長くやっていることです。

これはどんな商売にもいえるかもしれませんね。

来週に予約しましたので行きましたらまた記事にしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク