ノルディックウォーキングはじめました。その効果はいいことづくめ

スポンサーリンク




整体の先生にウォーキングを進められて以来毎日のように40分以上ウォーキングをしています。

その時の記事がコチラ↓

肩と首の痛みの改善を目指してついに整体に行ってみました。

2017.06.28

今の時期は昼間は暑いものの夜はある程度涼しくなりますし、一応梅雨時ではありますが雨も降らないため、それなりに歩けています。

ウォーキングはダイエット以外にも本当に頭がすっきりしますし、近所を歩くと新しい発見が結構ありますので大変おすすめなのです

例えばエジソンとか有名な科学者も散歩中にひらめいたこと結構あるらしいですよ。

そんなこんなで楽しくウォーキングできているのですが、もう少しこの時間を充実させようと

ノルディックウォーキングにチャレンジすることにしました。

ノルディックウォーキングとは?

ノルディックとは「北欧風」といった意味があります。ということで1930年代にスキーのトレーニングから始まったスポーツで日本のポールを用いるために日本ではポールウォーキングなどともいわれます。

普通のウォーキングにポールを加えるだけなのでこれもどこでも一人でも始めることができるお手軽なスポーツです。

ノルディックウォーキングの歩き方

本当は写真か図解入りが分かりやすいのですが、フリーの写真がないのでこちらのページをご紹介します

http://nordic-walking.main.jp/howto/howto.html

ごく簡単に言うとポールを両手に持ち、引きずりながら歩いて例えば左足が前に出たときには右手が前に出ますがその手を戻すときにその時ポールが地面にひっかかるような感じになります。その後ろに下げるときに力をいれてあげると体が前に出る推進力が得られます。続いて左手もおなじようにして交互に繰り返して歩いていきます。

その効果はいかに?!

普通のウォーキングと違い、上半身にも負荷がかかるため、よりバランスのよい運動となるほか肩が動くため肩こりの改善にもいいと言われています。また大股で歩いてみたり、後ろに下げるときの力を降らしたりして運動強度を上げることもできます。当然カロリーの消費量も増えますし、特に高齢の方などは躓いた時の転倒防止にもなったり暴漢に襲われた時の護身用にも使えたり(多分)と本当にいいことづくめです。

まとめ

とにかくお手軽なのはいいですね ダイエット効果や肩こりの改善を実感するのはもう少し先になりそうですが、今しばらく続けてみようかと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク