原因不明の肩・首の痛み対策としてたどりついた自分の中の最終結論

スポンサーリンク




頸椎椎間板症と診断され、ブログ開設前からも含め3か月以上整形外科に通い、そしてここ一か月で整体に通ってきました。

現状はというとまだ完治はしていませんが、一時期よりだいぶ楽になりました。整体・整形外科どちらの治療が効いているのかわかりませんが、それぞれの先生や療法士さんのお話を拝聴しておりますと、それぞれに一理ある感じなのです。そこで自分なりの考えをまとめてみました。以前の記事の内容ともかぶることもあるのですが、再整理という意味合いもふくめてのまとめです。

私は医者でも整体師でもありませんので記事の内容については参考程度ととらえてください。また怪我や病気など別途治療が必要な場合もありますのご注意ください。本エントリーは慢性的な肩こりなどの対策についての自分なりの考えをまとめた記事となっております。

根本原因を知る

肩こりや首の痛みの原因は加齢による骨格の乱れが原因です。なぜそうなるかというとやはり骨を支える筋肉の衰えが原因となってきます。もちろん職業柄体に負担がかかる姿勢や作業を行っている人、あるいは普段からの姿勢が悪いなど生活習慣に原因がある人も該当するかと思います。ただ自分もデスクワークが原因との診断でしたが、体のゆがみなどは思わぬところが原因となって襲ってきます。なので別に運動や作業したわけでもないのにとか思い当たる節が無くても痛みはやってくることはあるのです。

また肩が凝って痛ければ肩をほぐせばいい それは間違いではありません。一時的に肩に負担がかかる作業で凝ってしまったのであればそれでもいいでしょう。ですが、上記のように姿勢など日常的な生活の中に原因がある場合は一時的に解消してもまた凝ってきてしまいます。つまり生活習慣から変えていく必要があるのです。そして肩 首が痛い 凝っている場合はその部分に問題がある場合だけではなく足や腰などから影響してくる場合もあるので、トータル的な改善が必要になってくる場合があります(自分の場合はそうでした)

どのように対策をしていくか~治療と予防は一体である~

結局治療に近道はありません。痛みがひどければ痛み止めの薬などの対策はできますがそれは痛みを緩和するだけでいわゆる治すのとはまた違います。まず自分が心掛けたのは以下4点

  1. ウォーキングの導入…整体で薦められて実践しています 最近はノルディックウォーキングも始めており、これで改善が進んだような気がしています。
  2. ストレッチポールの導入…このブログではエントリーしていませんが、整形外科で薦められてストレッチポールを購入して寝る前に骨格や筋肉のバランスを整えるようにしています。
  3. 適度に姿勢を正してストレッチ…整体、整形外科両方で薦められています。仕事の合間などに適当にやっています
  4. 四つん這い体操とおがみストレッチ…気が付いた時家でたまにやっています

四つん這い体操とおがみストレッチはこちら

整体早くも3回目です。やっぱり肩こりには整体か

2017.07.14

これらで何をするかというと運動不足を解消し、筋肉を伸ばし、バランスを整えるということです。

結局肩こりのためのマッサージンはまるでやっていないじょうたいなのです。これは肩こりのみならず体にはいいことだと思いますので予防の意味でもお薦めしますし自分も再発防止の観点から頻度は落としても続けていこうと思っています。

整体と整形外科どちらがよかったか

現在は僕は両方やっていますが、どちらもやってよかったと思っています。整形外科の理学療法士さんは担当の方がつくわけではなくてその時間に対応できる方がやっているので整体の先生も含め同じ症状の患者に対していろい考え方など異なっているんだなあということ。病院でもセカンドオピニオンの重要性がクローズアップされ続けていますが、あらためていろんな人の意見を聞くことが大切だと気が付いた次第です。

ただし経済的な負担を抜きに考えるとやはり整体の方がいいのかもしれません。整形外科は医療行為のため、肩など痛みのある部分の治療がメインとなります整体は前に書いたように股関節や骨盤の動きなど全身を見ながら根本原因からとりのぞこうという考えがメインです。なのでいきなりのウォーキングだったわけなのです。40分をできれば毎日行いしっかりと20分アイシングするといった形で具体的な形での指示でした。

理学療法士さんでもそのような意見は聞きましたが、整体師さんのように具体的ではありませんでしたし、どちらかといえば普段の生活もあるのでできる範囲でといったスタンスでした。

なので実績を上げたい整体の方がより積極的なのかなとも感じましたが、かといって整形外科さんも悪い印象ではなくてそれぞれ治療していただいているので感謝の気持ちです。

自分なりのまとめ

まず痛みが出たらまず整形外科に行ってみてください。そして僕と同じような状況の診断であればしばらく通いつつできるだけ体幹や体のバランスを整えるような運動やストレッチをやってみてください。

それでもうまくいかなければ整体でもいいのかなと思います なぜかって整体は高いからです 金額より時間を優先したいなら整体もいってみてもいいと思います。

今回一連の治療状況などを記事として書かせてもらいましたが、記事にすすことであらためて整理、勉強になったこともあったのでこれもブログをやっていてよかったことの一つです。

そして同じように悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

おそらく自分の方はこのまましばらく小康状態での一進一退がつづくものと踏んでいますのでいったん整体や肩回りに関する記事はこれでクローズしたいと思っています。

次は卒業した時の記事にしたいのですが、考えたくはないのですが、悪化したらまた取り上げてみたいとおもいます。

最後に大切だと思ったこと

大切なのは積もりに積もったものは一気に劇的には改善しません。なのであせらないことと日々の積み重ねが大切です。ですのでよくなったからといってさぼると痛みがぶり返しかねません。

毎日の積み重ねで少しづつ改善していきます。このあたりもブログに対する考え方と近いものがありますね。自分の体が悲鳴を上げているのですから体とじっくり向き合ってケアしていきましょう。

そしてみんなで肩 首の痛みを撃退しましょう!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク