玉ねぎの酢漬けを作っています

スポンサーリンク




男子厨房にたつべからずという言葉も今は昔

僕も簡単なものばかりですが料理をします。

一人暮らしで両親も共働きという環境でしたので

夏休みは冷蔵庫の食材をあさって適当に煮たり焼いたりしていた

こともあり、食べるものが無きゃ作るってことには抵抗がありません。

今回紹介するのは料理といえるものかどうかは微妙ですが

いつぞや母親から教わった玉ねぎの酢漬けです。

玉ねぎの酢漬けの健康効果

なんといっても玉ねぎが生食できるということです。

玉ねぎに限らず野菜は過熱してしまうとビタミンなどの栄養が

壊れてしまいます。例えば玉ねぎの代表的な成分である「硫化アリル」

これも過熱に弱いのです。かといって玉ねぎは生で食べると一部品種を除き

とても辛いのです。ところがこれが酢漬けにすることで刺激が改善され

食べやすくなるのがこの料理です。

ということでそ栄養はこんな感じです。

  • 免疫力アップ
  • 血液さらさら
  • 中性脂肪を分解
  • コレステロール改善
  • 疲労回復
  • 便秘改善
  • 殺菌作用

いいことづくめでございます。

ちょっと記事を書くにあたりちょっと調べたところNHKの「ためしてガッテン」でも

同じようなレシピが紹介されていたようですね。

またそのせいか関連するアレンジレシピも多数見つかりました。

僕の場合いたってシンプルです。(面倒くさがり)

♠玉ねぎの酢漬けの作り方

  • 用意するもの

玉ねぎ 1個~2個 (玉ねぎや保管容器の大きさに合わせて)

ちょっと古くなってますが
関係なし

酢 (保管容器の大きさに合わせて)

お酢 僕は刺激性が少ない
お酢がおすすめ

これだけです(笑)

さっそく調理開始

1.玉ねぎを適当に切る

僕はこんな感じで切っています

2.容器に入れる

容器は密閉できる瓶などが良いようです

3.お酢をつけこむ

玉ねぎがひたひたになるまで
注ぎます

4.ふたを閉めて保存

1、2日で食べられます

食べ方

僕の場合は小皿でこんな感じで食べます

食事の最初に食べると血糖値があがりにくくなる

効果もあるようです

カレーの場合はラッキョウ代わりにしてもいいですし

野菜サラダと一緒に食べてもいい感じです

ためしてガッテンでははちみつや砂糖を入れてたようですので

今度僕も試してみようかと思います

あとは酢をりんご酢にしてもいい感じのようです

ちなみにこれを食べ始めてはや一年

あまりダイエット効果はいまのところありませんが

前より風邪をひきにくくなった気がします

こいつのおかげでしょうか

そう信じることにしましょう

 

それではまた!

スポンサーリンク