千葉の住宅街でふたご座流星群撮影

スポンサーリンク




またしても時期遅れの記事になってしましたが来年に向けて一応UP!今回はお星さまのお話です。

さる12月13日~14日にかけてふたご座流星群が極大を迎えました。ふたご座流星群はふたご座を中心に放射される流星群で日本三大流星群の一つです。ちなみに日本三大流星群との残り二つは1月のしんぶんぎ座流星群と8月のペルセウス座流星群となっています。今回はそのような事象に関連するものを記事としてまとめてみました。

流星群とは

ところで流星群とは何でしょう? 流星とは平たく言うと流れ星なわけですが、その流れ星がたくさん見られるので流星群というわけです。ではその流れ星はどのように生まれるのでしょうか?

流れ星は宇宙にある小天体などが地球の重力に引き寄せられ落下する際に発光したものを称してそのように呼んでいます。大きさはコンマ数ミリから数センチまでさまざまですが、ほとんどが地上にたどり着く前に燃え尽きてしまいます。そして燃え尽きずに地上に到達すものは隕石として扱われます。速さは秒速数十キロに達しますのでかなりの速さですね。発光する時間もごくわずかで一瞬で消えていしまいます。

彗星との違いはどうなの?

彗星は一定軌道上を周回している天体なので地球に落ちることもないし、流れ星のように一瞬で消えるものではありません。軌道や大きさによってによって肉眼で数日間観測できるものもあります。彗星は太陽に近づくと、太陽風や熱の影響を受けて氷やガス、塵を放出します。その噴き出した塵などがいわゆる”彗星の尾”として地上から見ることができるのです。 なので彗星の尾は、尾といいつつも太陽とは反対の方向に出ることになり、彗星の進行方向と反対に出るわけではありません。また太陽の影響外の位置では尾は出ないので見た目は周回するただの小惑星天体となります。

なぜ流星は群となるのか

彗星の起源は小惑星帯にある小惑星が大きな構成など周囲の重力の影響を受けてそこの軌道上から外れたものがきっかけになると言われています。それが太陽を回るような軌道になったものが彗星として見ることができるのですね。では流星群とはどういうものでしょう?一定期間ごとに一定の時期に一定の方向から現れるというものが不思議な気がしますね。実は流星群の元となる小天体は上で書いた彗星が太陽の影響を受けて吹出した塵の残りなのです。ふたご座流星群の場合、具体的な母体となる彗星はエファトン彗星です。正確にはエファトンはかつて彗星だった天体で、現在尾は出ていません。理由は周期1.45年と極端に短いため、揮発する成分が消失したと考えられています。ということですなわちそのエファトンの軌道上に地球が差し掛かるときにその塵が流星群として地球に落ちてくると考えられているのです。これが同じ時期に同じ方向から流星群が出現する理由です。

流星群を撮影しよう

一瞬で消えてしまう流星ですが条件次第では撮影も可能です。とはいえスマホで無造作に夜空をぱちぱちとってもまず写りません。撮影に適した条件は以下の通りです。

  1. 周囲に人口の明かりがないこと(空に月明りもない方がベター)
  2. マニュアルで撮影できるカメラがあること
  3. カメラについているレンズは広角で明るいものであること
  4. 一定間隔で撮影できるようなタイマーレリーズがあること
  5. カメラを固定する三脚などがあること
  6. 防寒対策は必須(冬場の撮影限定)

 

ということで個別に細かく確認してみましょう

周囲に人口の明かりがないこと(空に月明りもない方がベター)

たまに田舎に行くと星降るような夜空に出会うことがありますね。それがいわゆる星空の撮影に適した条件です もちろん都心でも星は見えますが、流星の撮影条件としてはかなり条件としては厳しくなります。一瞬で消える流星を撮影するにはある程度の時間シャッターを開けておく必要があります。その間にどんどんセンサー(フィルム)に明かりが写っていきますので極端な言い方をすれば真っ白な写真になってしまうこともあるのです。なので周囲の環境は暗ければ暗い方がいいのです。例えば山の上や海岸などが適していると言われています。肉眼で星がたくさん見える場所を選びましょう。また厄介なのは月です。撮影してみると月の明るさを感じることになると思います。満月ではかなり明るいです。できれば新月など月も暗くなる方がいいですね。とにかく星がたくさん見える これが大切です。

マニュアルで撮影できるカメラがあること

上でも少し触れましたがシャッターを長時間開放したほうがいいのでシャッタースピードなどはマニュアルで調整できる方がいいです。また星に対してはまず自動でピントが合いませんのでフォーカスもマニュアルで操作できる必要があります。となるとやはりそれなりのデジタルカメラ あるいはフィルムカメラがあった方がいいですね。

カメラについているレンズは広角で明るいものであること

レンズの明るさは一般的にはF値で表現されます。F2.8以下のレンズがあれば望ましいと思います。(それ以上に暗いレンズでも撮影できないわけではないですが写りにくくなります)また広角のレンズの方がより有利です。流星はある程度の方向はあるものの空一面どこで見られるかわかりません。空全体を一つのレンズで写すのは困難ですが、それでも写る範囲が広い方が有利です。少なくともフルサイズフォーマットで28mm以下である方が望ましいですが、個人的にはそれでも狭いと感じています。できれば魚眼レンズなどあった方がいいですね。星空を実際に撮影してみると映る範囲の少なさを感じると思います。

デジタルカメラの選び方については少し過去記事にありますのでよければ参考にしてみてくださいね

デジタルカメラの選び方

2017.08.01

一定間隔で撮影できるようなタイマーレリーズがあること

流星群は環境や条件によって出現する数が異なります。多い時には一時間当たり数十個見えるときもありますが、その一瞬をとらえるのは困難です。なので常にシャッターを開けておく方が望ましいです。しかしそうすると星も動いてしまうので星の光跡も一緒に写ってしまいます。そのような狙いで撮る場合もありますが、オーソドックスに星空の中の流星を狙いましょう。この対策としては赤道儀などもあるのですが、それでもデジタルカメラは長時間シャッターを開けてしまうとノイズが発生しますので開けていてもせいぜい数十秒がいいでしょう。(フィルムカメラは長時間シャッターを開けていても大丈夫ですが、二十秒以上開けてしまうと星が流れ始めるようです。そのあたり最初はテストしてみましょう。)なので例えば20秒でセットしたとするとその二十秒間の星空を撮影できますが、これを繰り返し行って流星がうまく写ってくれるのを祈るのですが、これを数十分~1時間以上繰り返すのは大変で現実的ではありません。そこでタイマーレリーズの出番です。タイマーレリーズはこれを自動で連続して行ってくれるのです。最近のデジタルカメラはこのような機能が内蔵されているものもありますのでよくカタログなどで機能をチェックしてみてもいいでしょう。

カメラを固定できる三脚があること

当たり前ですが長時間シャッターを開けるのですから手で持っての撮影は無理です。三脚などでカメラを固定しましょう。

防寒対策は十分に

かなり冷えますので冬場の撮影は十分に防寒対策しましょう。夜は想像以上に寒いです。

 

具体的な撮影設定方法

星空は環境によって明るさが異なります。どのような設定で撮影すればよいのかは最初は試し撮りをして撮影結果を確認しましょう。それでもまずこれは鉄板という設定ですが、絞りは開放(一番明るく写る状態) ピントはマニュアルで無限遠(一番遠くにセット)は必須です。(かなり暗い中での撮影になりますので設定などは明るいうちに覚えてしまうかやれるものはやってしまいましょう)あとは結果を見ながら感度やシャッターの開ける時間を調整していきます。本当に暗い中に行くと周りも見えませんので角度なども昼間のうちにできれば決めてしまった方がベターですが、昼からずっとその時間まで粘るのは時間が必要なので可能であればという感じです。

今回の撮影結果

今回は無謀にも千葉市自宅からの撮影に挑んでみました。本当はがっつり山奥に行って撮りたかったのですが仕事が休めず悔しいのでダメもとでの撮影です。今年は新月でかなり条件はよかったのでなんとかなってくれればというところでした。そして二時間ほどレリーズを繰り返してなんと一枚だけ写っているのを見つけました。

それがこちら

左下に写る光線がそうです

それ以外に真ん中から画面右寄り写っているのは近くに強い光源ある時に出現するゴーストと呼ばれる現象で、広角レンズでは発生しやすいですね。とても群とはいえませんが一枚写っていてとてもうれしくなりました。

ちなみに数年前にも撮影した結果を今回のアイキャッチ画像にしています。千葉の住宅街とは星の数が異なるのがわかるかと思います。その前は魚眼レンズでも撮影しましたがこの時はうまく撮影できませんでした。

下の写真がそうです。この時はカメラを三脚にセットして寝転がっていくつか肉眼では見えましたがカメラには写らず…あまりの寒さに早々にギブアップしました(笑)

本当はこのように地上の風景と撮影できると絵になりますね。いつかは撮影してみたいものです

ちなみにここは千葉県の九十九谷公園です 星も見えますし、条件がよければ明け方に幻想的な雲海が出ることでも知られていますが、何回かトライするものの恵まれず、こちらもいつかは写真に収めたいですね。

それではまた

スポンサーリンク