個人型確定拠出年金をやってみよう

スポンサーリンク




く肩の痛みは相変わらずですが今日も頑張って更新です。

今日は最近目や耳にする機会が増えた個人型確定拠出年金について書いていきます。

まず個人型確定拠出年金とはなんぞや?

その前にそもそも年金とはなんでしょうか?

年金とは簡単に言うと定期的に給付される金銭のことを言い、一般的には定年後や働けなくなった後の生活資金として金銭が給付されるような形で運用されていることが多く社会保障制度の一つとなっています。

年金は様々な種類のものがあります。

国が運営する公的年金やそれ以外の私的年金 また公的年金にも大きく国民年金 厚生年金 共済年金の3つに分けられます。

そしてなぜ拠出年金と呼ばれるかというと積立金を運用して給付金を拠出するからです。確定拠出年金はその中でも個人型と企業型に分かれます。

企業は文字通り企業が社員に支給する退職金として取り入れたり、自営業の人向けにの将来の備えとして活用されていますが、個人型は文字通り個人で利用するものです。

反対に企業が信託銀行などの運用会社に運用を委託する場合を確定給付年金といいます。

これはある程度給付額が担保されるため確定として呼ばれます。

国民年金の課題(なぜ拠出年金なのか)

国民年金は20歳以上で加入しなければなりません。そして国民から積み立てたお金を運用し、積み立てた人が老後世代となった時にそれが給付金として支給される仕組みで、日本年金機構によって運営されていますが、最近は少子化にともない従来の国民年金制度が立ち行かなくなってきています。このため支給年齢の引き上げや給付額の減額がとりだたされるなど、将来を不安視されることも多くその結果未加入者も増加する そしてよけいに運用の財源が減るという悪循環になっています。

ずさんな年金の管理は一時期ニュースでも大きく取り上げられていますが、管理もさることながら少子高齢化が進む日本では仕組みとして合わなくなってきているのです。

このため老後資金をどう蓄えるかといった課題から個人型の確定拠出年金が利用できるようになったのです。

これは平静28年の法改正によるものでまさにできたてほやほやです。

ちなみに企業型は当時アメリカにある401K制度を参考に平成13年にスタートし、日本版401Kと言われました。

国民年金を補う確定拠出年金

将来いくら自分に年金が支給されるのか それは年金番号がわかれば年金ネットで調べればわかります

登録は必要ですが、将来いくら年金がもらえるかは死活問題となりかねませんのでぜひ活用されることをおすすめします。

自らのライフプランで年金に不足があればそれを補う一手段の一つに個人型確定拠出年金があるというわけです。

確定拠出年金のメリットとは

・掛け金や収益に対して税制優遇がある。

・自らの意思で運用方法を決められる

確定拠出年金のデメリットは

・60歳まで給付金を受け取れない

・運用次第で元本割れが発生する

・運営機関などによりますが手数料や管理料が割高

といったところが大きなところだとおもいます。利回りについては運用次第のため選択肢がある事がメリットと言えますね。

個人が金融商品を選んで運用できるのすが、元本確保タイプもあればハイリスクハイリターン型の商品もあり、自分で選択することができますので悩ましいところもありますが、通常銀行に預けても低金利な時代ですので今はローリスクでそここ運用益も見込めるバランス型投資信託が人気があるようです。

自分もまだ決めかねているのですが次回はもう少し個人型確定拠出年金について書いてみます。

 

 

 

 

スポンサーリンク