良い音で楽しもう~高級イヤフォン ヘッドフォンのすすめ

スポンサーリンク




今日は珍しく趣味系の記事です。

今は一段落してきた感がありますが一時期高級ヘッドフォンやイヤフォンが流行りましたね

今でも大きな量販店にはコーナーが設けられており、ブームが去ったというよりは完全に定着したという見方のほうが強いでしょう。

何故高級イヤフォンとヘッドフォンが売れているのか 自分なりのおすすめポイントをご紹介します

高級なイヤフォン ヘッドフォンといってもその中でもピンキリですが1万以上が高級な類とこのブログでは考えていきます。

いわゆるDAPなどに付属するイヤフォンから一歩高級路線を言ってみませんかということです。

高級イヤフォンやヘッドフォンは音がいい

何故高級イヤフォンがいいのかといえばこれにつきます。高ければいいのは当たり前といえばそうなのですが、その前に音がいいってのば漠然としていますね。では良い音の定義ってなんでしょうか?

これは自分なりの回答をいいますと原音の再現性が高いということにつきると思います。生の音と聞き分けがつかないというのが一番でしょう。

本来スピーカーも含めてですが、演奏者が意図した音を忠実に再現できることが良い音の定義と自分は考えています。

客観的な数字を用いるならば超高音から超低音までまんべなく音が出るということもそうかもしれません

以前NHKの番組で高級バイオリンのストラディバリウスの音の良さの秘密にせまっていましたが、現在は科学の進歩で音も数値化できますからすごいですよねで、やはり高級なイヤフォンやヘッドフォンや音の情報量が全く違うのですね。自分はいわゆるオーオタではありませんが、DAPだろうがアイフォンだろうがこの違いははっきりわかります。

拡張性がある

全てにあてはまりませんが一部の機器はケーブルの交換が可能です。これをリケーブルと言いますが、これは断線したときに本体を買い替えなくていいってメリットはあるのですが、こだわる人は音を好みに近づけるために行うのです。またイヤーパッドなども社外品も含め沢山販売されており、自分好みの一台にすることができます。

それでも音の傾向は異なる

音の傾向はかなり機種やメーカーにとって傾向が異なります。低音が得意な機種もあればその逆もあります。こだわる人は視聴必須ですが、そうでない方も是非環境があれば視聴して選んで見てください。

昔音楽はデジタル化するとみな同じ音になると言われていたこともありますがまるで違いますね。

視聴ができない人が確認してほしいのが各種レビューです。ただし本当い参考になるものあれば明らかに場を荒らしに来るようなレビューもあります。これもあまり信じすぎず参考程度でとらえましょう。

前にも情報の扱いに関する記事を書きましたが価格コムや2chより写真付きでレビューをしているブロガーさんの方が参考になりやすい傾向ですね。ただしニッチな商品の場合は情報が少ないのが難点です。

 

選び方

用途を中心に考えます。家で聞くのか 外出先で聞くのかです。外出先ならある程度可搬性も求められますが、自宅用なら予算が許せばスピーカーの口径が大きな製品がいいでしょう。

付加機能としてワイヤレスタイプなどもありますが、通信などのためのユニットが別途取り付けられますので音質上不利と言われておりますが自分ではあまり聞き分けられません。ケーブルの取り回しがない分は楽ですが、ただしバッテリーの充電などに気を遣わねばなりませんし、通信やバッテリーのユニットで重くもなります。どちらも一長一短ですね。

ノイズキャンセル機能付きなんかもありますが確かにノイズは減るものの自分は違和感の方が先に来るので使ってはいません。

ちなみに僕はSHUREのSE425という機種を使っています。バランスが良いのと遮音性が気に入っています。ただ純正はケーブルが長すぎるので短いケーブルにリケーブルしています。

このブログはアフィリではありませんし、それぞれ音の好みは分かれますのでこの場でこの機種がおすすめというのはありません。それぞれで判断してみてくださいね

ただ人間の感覚というのは結構いい加減だと思っています。

少し話はそれますが、エージングってあるじゃないですかあれってなんで音が良くなる方向にしかいかないのでしょうかね

厳密には製品は時とともに劣化していくはずです。ですが何故かエージングを済ませると音が良くなるのはなぜなんでしょうね。

それから高級ヘッドフォンやイヤフォンをもう一歩を音をよくするためにヘッドフォンアンプを使う人もいます。これはそれ専用の回路を用いることで音質の向上をはかるとともにい抵抗が大きいイヤフォンやヘッドフォンの場合はDAPの出力では小さすぎて満足な音量が得られないケースもあるため、そういった場合はヘッドフォンアンプが有効です。これは自分も使ったことはないので情報として知っていてもいいと思います

一説にはヘッドフォンやイヤフォンを変えるより効果がああるとも言いますからね。

高額なのですがフィギュアスケートなどの採点競技ではないですが人によって感じ方もまちまちなのでどうにも選びにくいのですがこの際迷ったらデザインで選ぶのもありだと思います

まとめ

どうしてもオーディオに興味がない人にはもったいないという感覚にもなるはずの高級イヤフォン ヘッドフォンの世界ですが、明らかに純正とは異なるので一度試してみることをおすすめします。

ただ中にはウン十万もする製品もありますが高くなればなるほど費用対効果も課題になりますね。一定以上はどちらがいいとは言い切れないのです

先ず一歩高級ヘッドフォンとイヤフォンの世界に触れてみてくださいね

 

 

 

 

 

スポンサーリンク