福袋の考察とコロンビア福袋を購入したので開封してみます。

スポンサーリンク




新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆様のお役に少しでもたてるように頑張ってまいりますのでご贔屓のほどよろしくお願いしますね。

さて今回は福袋のネタです。

皆さん福袋は買ってますか?そんなの買うのはもったいないとか中身がわからないものにお金をだすということに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、僕個人としては楽しみにしています。

福袋の醍醐味は

福袋の面白い点は自分では絶対これ買わない=趣味や好みではないものが入っていることです。それのどこがいいのかと言われれば答えに困るのですが、例えば服で、あれば着てみたら意外にいいかもっていう新境地?が味わえること。もちろん「これはいらない」って感じのものも入っていることもありますけどね。福袋自体は売れ残りの在庫処分といった要素はぬぐえないのですが、あまりに中身が伴わないと、今どきはSNSなどですぐに評判が広がってしまいますので仕込むほうも慎重さが求められているところもある一方で、大手どころでは一段グレードを落とした福袋専用の商材を作っているブランドもあると聞きます。そういった点も含めて考えると福袋はゲームのガチャや宝くじ似たギャンブル要素があると思います。

当たり福袋の見極めポイントは

デザインの好みなどは人によるのでここでは触れません。ということでいわゆる当たりということになると価格以上であることは当然ですが、如何に価値があるものが入っているかということが挙げられます。家電で新しくて性能がいいもの 服であれば福袋用の商材やノーブランドで売れ残りを寄せ集めたものでないモノがいわゆる一般的な当たりとして捉えていいと思います。(最近は中身が見える福袋や家電などはシルエットでそれとなく中身が推測できるものもありますが)そのようないわゆる当たりを引くために次のようないくつか判断するポイントがあると思います。(もちろん中身が見えない以上断定的なことは言えませんが)

数が少ない

福袋は売る側からするとよい宣伝になります いい印象をもってもらうためにはいい商品を入れる必要があります。そのようなお得度の高い商品は数を多く出せません したがって販売個数が少なく絞られているということは当たり臭がしますね。

過去の実績 評判を調べる

今はネットで福袋のネタバレ情報は多数あります。毎年当たりと呼ばれているブランドやお店はそれがつづく傾向が高いです。

ブランドで絞る

特定のブランドに絞り、そのの直営店で購入するのもいいですね。やはりアソートであれば玉石混交ありますが、ブランドで絞ればそのブランドの商品しか入っていません。ましてや直営店ではニセモノをつかまされる可能性は皆無です。

福袋の規格が店独自の企画で行われている

チェーン店などは本部の方針で決められることが多く 中身は全国的に同じものになる可能性があります。またものも本部から送られてくるものを売るだけでなので店員も中身も知らないといったケースがあります 一方で店独自で規格をしているものやチェーン店でも店長の裁量にまかされているものは意外性のある福袋が販売されていることがあります。同じブランドなのにこの店だけパッケージや価格が違うといった場合はそういうケースかもしれません)

店員さんと顔なじみになる

なんだかんだで強いです。なかなか中身をズバリと教えてはくれませんが、傾向としてどのようなものが入っているか教えてくれる場合もあります。

ということで個人的には上にあげたような要素が多いほど当たりやすい傾向にあると考えています。

 

要注意となる福袋のジャンル

最近は様々な福袋があります。有名人との食事ができるとかの特殊なものは除きますがいわゆる一般的な福袋を購入するうえで要注意となるジャンルについて書きたいと思います。

雑貨 家電などの福袋

ある程度中の商品がわかっていればいいですが、そうでない場合は要注意です。結局使わない 使いにくいといった結果に終わりやすいと感じました。

時計 アクセサリーなどの福袋

これも外した場合は中の品数が少なく、価格も高い傾向にあるのダメージがでかいです。

比較的大外れが少ないと思われる福袋

食品 衣類

洋服の場合は大手有名ブランドであればその看板を背負っていますのであまりいい加減なものが売るわけにもいかず、いわゆる定番商品で売られていたもの入っている可能性は高く、デザインや色の好みはともかく価格以上の価値があることが多いと思われます。となると必然的に販売個数も限られるため、人気ブランドは購入はかなりの競争率となるのがネックです。また食品はノベルティグッズなどが入っていることがありますので好きな人にはいいと思いますが、興味ない方には邪魔になる可能性が高いでものの、価格的には食品だけで元がとれる傾向にあります。

今回購入したコロンビアの福袋は?

さて今回記事にするコロンビアはアウトドア衣料の総合メーカーです。大手アウトドアスポーツ用品店の大手 エルブレスのオンラインショップにて10000円で購入しました。コロンビアは福袋自体販売個数が多いので定番商品が入っているのはごく一部だと思います。人気福袋はネットでは人が殺到してなかなか買えないこともあるのですが、この福袋は比較的スムーズに注文まで行けたことからそれなりにゆとりがある状況でした、それでは開封してみましょう。

なお中身は品番で検索しても出てこないのでおそらく定番ラインではなく、福袋用の商材と思われます。

メインとなるアウター ダウンではなくポリエステルの中綿です。無難なデザインです。

ジャケットの中は裏地もなくシンプルです

 

袖口 ボタンなどもありません

 

タグです 16000円なり 金額だけならジャケットで元が取れます

 

ロゴは刺繍です。

 

続いてフリースのベスト 5900円です

 

裏も無地です

サイドにある黒いラインはデザイン上のアクセントでストレッチ素材などではありません。

 

 

 

ネックウォーマー1900円です 調整用のコードもありません。

ネルシャツ7900円

 

ニット帽 2300円

以上の内容です。

まとめ

トータル5点 34000円相当の商品が入っていました。デザインも無地を中心に無難なものばかりで普通に着られそうです。これは当たりだ 得した得した めでたしめでたしと思っていいのでしょうか?

10000円という値段を考えると可もなく不可もないレベルですが、個人的な感想はやや不満です。というのも上で触れたとおりおそらく福袋用の商材として作られたものと思われるので値札の信憑性が怪しいうえ、普段店舗に並んでいる同価格帯の商品と比較するとやや仕様が見劣りする印象があります。(モノ自体の品質が悪いわけではないのですが 大手有名アウトドアブランドという点を考慮すると物足りないのです)

こういったケースの個人的な当たりはやはり実際に店舗で売られていたもの(定番商品)が入っていることです。一点豪華主義とまではいいませんが2,3点でもいいのでそのかわり旧モデルでも定番だったジャケットが入っていた方がいいですね、(できれば防水などの高機能ジャケットがあればよかったと思います)

おそらくですが福袋のネタバレサイトではコロンビアの福袋はほぼ同じ中身だと思います。(色違いなどはあるかもしれませんが)

さらに平たくまとめる普通に着られるで外れではないものの物足りなく面白みにかけるといった結論ですね。ま、こんなものかもしれません。

 

以上福袋を買う際の参考になれば幸いです。って来年か 大分先ですね 思い出してくださいね・・・

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク