赤山地下壕にてかつての戦争を想う。

スポンサーリンク




先日千葉県館山市にある赤山地下壕を訪れる機会がありました。

この地下壕は第二次世界大戦の戦争遺跡の一つでなかなか大きな規模の地下壕となっており、戦争当時の様子を垣間見ることができる貴重な施設だと思いますのでここでご紹介します。

赤山地下壕の概要

場所は赤山地下壕現在の航空自衛隊館山基地の近くにある通称”赤山”と呼ばれる小高い山にあり、いつ作られたものか資料はないようですが、昭和19年ころではないかと推察されています。

全長は1.6kmにもなり、内部はかなり複雑に通路が入り組んでいますので敵の侵入も想定した本土決戦に備えた需要拠点として作られたものではないかとも言われていますが資料や証言がほとんどありませんので、掘るにあたっては重要施設として秘匿性が高かったのか、あるいは計画性に乏しいもので、悪化する戦況を見ながら慌てて作ったのではという見方もあるようです。

千葉県を詳しくない方に補足しますと館山は房総半島の南端部に位置し、東京湾部への入り口にもあたるため、過去も現在も軍事上重要な拠点となっています。

このためこの地下壕付近には他にも軍事施設の遺構が多数存在し、現在でも航空自衛隊の基地があります。この施設が一部公開されたのは平成16年4月で1.6kmのうち250mが公開されています。

場所はこのあたり

  • 開壕時間:9:30~16:00(最終入館受付15:30)
  • 入場料:200円(身障者、65歳以上の方は免除 団体割引有)
  • 駐車場:大型バス2台 乗用車18台

その他施設概要館山市HPをご覧ください

http://www.city.tateyama.chiba.jp/syougaigaku/page001892.html

Let’s 入壕

受付は地下壕に隣接する豊津ホールで行います。ここで必要事項を記入し、料金を支払います。

また安全上ヘルメットの着用が必要となりますのでご了承ください。内部はところどころ照明はありますが、暗いので懐中電灯も貸してくれます。

それでは中に入ってみましょう。

入口

現地の案内看板

 

壕内は割合広く普通に立って歩けます。

キノコの栽培施設

かなりいりくんでます。

手堀りのようでツルハシの跡があります

人が入るとこんな雰囲気

壕内にはいろんな施設があります ここは士官部屋

地層の美しさも必見

いかがでしたでしょうか?

凝灰岩や砂岩でできていますので手掘りではありますが、比較的掘りやすかったかもしれません。(ブラタモリの影響で多少詳しくなってしまいました…)

また必見なのは地形の美しさです。手掘りの跡とのコラボレーションはまさにアートです。

行ってみての感想とまとめ

戦争が終わって70年が過ぎ、だんだんと戦争を体験として語れる人減ってきています。でもこのような施設を訪れることで我々の当時の人々の思いに触れることができた気がします。戦争は愚かだったとかいろいろ言葉では耳にしたり目にします。でもまさに百聞は一見にしかずです。ここにいた人たちがどような思いで日々を過ごしていたのかということを考えると厳かにならずにはいられません。

現在でもテロや地域紛争は絶えません、日本は平和だといわれますが、その土台はとても不安定で危ういものです。このような施設は本来目的では二度と使わないためにどうすればいいのか。それぞれが考えるための場所としていい場所だと思います。

今は亡き先人たちの思いを受け止めながら平和のありがたさを感じることが彼らへの良い供養となる気がしています。

このような遺構はかつての戦争に思いをはせる良いきっかけとなる施設なのでいつまでも残していってほしいですね 戦争を忘れないためにも!

おまけの掩体壕

上記でご紹介したように付近には戦争の遺構がたくさんありますがその中の一つとして赤山地下壕から少し歩いたところに掩体壕があります。

掩体壕とは敵の攻撃から身や物を守る施設ですがこの掩体壕は飛行機を格納していた場所となっています。

子供が秘密基地ごっこなどで遊ぶには格好の場所でしょう。

ついでに足を延ばしてみてはいかがでしょうか

外観

中の様子

中から外を見た様子

スポンサーリンク