梅雨の晴れ間にあじさい寺こと本土寺を散策してきました。

スポンサーリンク




梅雨の晴れ間に千葉県松戸市にある本土寺を散策してきました

本土寺は通称あじさい寺と呼ばれる日蓮宗のお寺です。

その名の通り10000株の紫陽花が植えられており、見る人を楽しませてくれます。

 

本土寺へのアクセスは?

地図はこんな感じです。

電車だとJR常磐線の北小金駅から徒歩15分ほどです。

駐車場もありますが、広くはなく、シーズンはかなり混雑しますので

公共交通機関で訪れたほうがいいと思います。

徒歩で訪れると参道もいい雰囲気です。

あじさいの状況は?

訪れたのは2017年6月20日です

見ごろは6月ですから少し盛りを過ぎた頃でしょうか

今年の梅雨は雨の少ないので心なしか紫陽花に元気がないように見えました。

では写真とともにご案内します。

受付です 料金は500円です

山門をくぐると受付がありますのでそこで参拝料500円を支払います。

ここにも紫陽花が咲いてました。

境内はよく手入れされていて見どころ満載ですので妥当な金額かなと思います。

五重塔はなかなか立派です

本堂への怪談

 

 

こんな風情ある竹林もあります

 

花菖蒲も咲いています。

順路に従って回ると突然目の前が開けて花菖蒲が咲き誇っているのが見えました。

実は花菖蒲も5000株ほど植えられていて紫陽花との競演も楽しみの一つです。

そんなこんなで見ごたえがあるお寺です

山門の前にはお土産屋さんや休憩所がありますので疲れたら一服できます。

団子やおせんべい漬物や地元の野菜などいろいろなものが売っています。

 

実はこのあじさい寺は秋には紅葉 春は桜と四季を通じて楽しませてくれます。

ぜひ訪れてみてくださいね。

 

スポンサーリンク