千葉ロッテマリーンズ秋季鴨川キャンプを見物してきた

スポンサーリンク




先日はプロ野球千葉ロッテマリーンズの鴨川キャンプを見物してきました。ロッテのキャンプはかつては館山で秋季キャンプを行っていましたが、鴨川市が後援会を立ち上げるなどの活動もあって平成22年から鴨川でキャンプが行われています。ソフトバンクとDeNAで日本シリーズが戦っているさなか今期は最下位と悔しい結果に終わった千葉ロッテは井口新監督を迎え新たな船出となりました。

今回は総勢51人の大所帯で、新監督の意気込みが伝わります。 ではその魅力などについてご紹介いたしましょう。

個人的には鴨川キャンプはここ数年毎回訪れていますが、今回は11月4日に訪れました。

キャンプの醍醐味

キャンプと言ってもテントを張ってバーベQではありません 当たり前か! 今年の鴨川キャンプは11月1日から13日まで行われていますが、この間選手は野球の漬けとなる毎日です。選手は会場の各施設で各々練習に励みます。その間公式の試合はありませんが、練習試合や実践形式の練習も取り上げられることもあります。しかしながらトレーニングだったりキャッチボールだったりランニングだったりノックを受けたりといったことが主な練習となりますので興味がない人には何が楽しいのかわかりにくいところもありますが、醍醐味を上げてみましょう。

選手との距離が近い

これにつきます。どんなプロ野球場より選手を近くで見ることができます。運がよければサインをもらえることもあります。また選手同士の会話や選手やコーチとのやりとりなど普段聞けない会話などが聞こえます。時には見ている人を楽しませるせいかユーモアのある会話をしてくれることもあります。また一投一打プロの選手のプレーはなんだかんだで迫力十分 ブルペンも見ることができるのでプロの投手の投球を間近で見られるので最高です。

思わぬ選手に出会えることも

この時期は一部の選手にとってはプロ野球選手生命をかける時期でもあります。今年はいませんが、ロッテは毎年テスト生や台湾や韓国プロ野球の選手を交流目的で参加させています。誰もが知っているようなビッグネームはなかなか来ませんが、例えば今ロッテで活躍するチェン投手はDenAベイスターズを戦力外になり、鴨川キャンプに参加して認められ、入団を勝ち取りました。彼は今年選手層の薄いロッテで貴重なサウスポーとして活躍しています。このように後から活躍して有名になる選手もいます 去年は独立リーグから元広島の三家和真選手が入団しましたね。彼もまだ若いので今後の可能性を秘めた選手ですので今のうちにチェックしておいてもいいかもしれませんね。今年はそういったことはないのが残念なのですが、

出会える選手が多い

通常シーズン中は一軍 二軍に別れているため、一度に見ることができる選手も限られますが、キャンプはほぼ参加者全員を見ることができるのでなかなか貴重な機会です。普段見ることができない選手をどんどんチェックしてみましょう

音も含めて野球を堪能できる。

グラブでの捕球音 打撃音などの野球ならではの音を堪能できます 特にブルペンや室内練習場は音がよく響きますし。何より間近でプロの投手の投球を見ることができます。

地元料理も堪能できます

キャンプ地では数は少ないですが、飲食店も出店しています。周囲に飲食店が無いこともありますが、是非堪能してみましょう。

鴨川キャンプへのアクセス

鴨川キャンプは例年千葉県鴨川市の総合運動施設で行われています。野球場だけでなく陸上競技場 サッカー場などがありますが、キャンプ期間はロッテが貸し切りです。

場所はこんなとこです。

〒296-0014 千葉県鴨川市太尾866-1
電話番号:04-7093-5111
ファックス番号:04-7093-5112

公共交通機関を利用する場合は安房鴨川駅から路線バスが出ています。

詳しくは鴨川市のページをご覧下さい。

駐車場は無料で開放されていますが、休日は混むため早めに入った方が良いと思われます。僕の経験からですと今までは午前11時までに入っていますが停められなかったことはありません。途中で帰る車もあるので満車はあまりないと思います。ただし練習試合はやサイン会などイベントがある日はこの限りではないと思います。また駐車場もかなり奥になるとやや歩かされますのでその意味でも早めの訪問をおすすめします。

それではキャンプの様子です。

今日は実践形式の練習も取り上げられていました。

今年は大きく期待を裏切った藤岡投手

ルーキー佐々木投手

清田選手

 

アジャこと井上選手

平沢選手

陸上競技場の唐川投手

名物グルメのお刺身のから揚げ

こんな感じです きわめて美味

IMAMURA」さんのカレー

酒居投手

サインに応じる唐川投手 イケメンです

 

チェン投手

選手は練習の合間にサインに応じてくれます そのあたりの配慮は必要です。マナーは十分守って行動してください

他にも写真にはありませんがブルペンや体育館を使った室内練習場もあります。

まとめ

ロッテファンのみならず野球好きであれば訪れてみる価値はあると思います。はじめは練習か・・なんて思んで思いましたが行ってみるととなかなか面白かったです。

鴨川後援会からイベント情報が出ていますので参考にしてみてくだいね。

http://www.kamogawa-marine.com/index.php?option=com_content&task=blogsection&id=1&Itemid=28

 

それではこの辺で ごきげんよう

 

 

スポンサーリンク