大黒食品のカップ冷やし中華を食べてみた

スポンサーリンク




10月も終わりが見えてきてすっかり寒いくらいの季節になりました。記事ネタとしては遅きに失した感じではありますが、とりあえず上げてみます。

ことの起こりは小腹が減ってきたので食品棚をあさったところ、こいつがあらわれた!というありがちな設定でありまして、普段あまりカップ麺類は食べないのでそういえばいつ買ったろうくらいの感覚でした。思い出してみると当時はカップ冷やし中華?なんか変わってるなあ 特売コーナーにあるし物は試しに買ってみようくらいの感覚でした。夏頃買ったのですが、その”物は試し”がまさかの10月下旬となりました。この時期に夏物商品がブログでレビューされるというのはメーカーにしてみれはあまりにご無体なと言わざるをえないかもしれませんが、超強引な解釈で来年の夏を先取りだーってことでいきます。

ちなみにこの商品です

http://www.daikokufoods.com/syouhin_09_hiyashi_cyuuka_goma.html

メーカーは群馬が誇るインスタントラーメンメーカー 大黒食品工業 夏物シリーズとしてはこのほかに冷やしたぬきうどん・そばや同じ冷やし中華の醤油ダレなどスキのないラインナップになっています。惜しむらくは冷やし天ぷらそば・うどんが無いことで、彼らがいれば冷しシリーズは完成に近づくのではないでしょうか(買ったことすら忘れいたくせいに偉そうです)

 

ちなみにいつも小杉さんみたいな食生活を送っているわけではありませんから誤解なきようお願いします。

幕張本郷にある超こだわりのお店 スローフード小杉

2017.07.15

いざ開封

このパッケージ カップ焼きそばといっても誰も信じて疑わない外観ですがこれは間違いなく冷やし中華です。焼きそばと勘違いされるという重大な事故につながるおそれがありますのでこの状態で放置するのはやめましょう。

作り方は写真の通り。ちなみに麺は熱いお湯で戻してその後水切りを行って冷やすという算段です。

中身はこんな感じ

麺は細目でいい感じの縮れ具合 液体スープと海苔、ゴマセットの小袋が同梱されております。

完成! まあ基本お湯を注ぐだけなので完成写真とあいなりました どうです? なかなかおいしそうでしょう? 個人的なポイントとしては水切りを3回行いました。二回目の水切りでは捨てたお水にぬくもりがあったのでもう一度水切りしたのです。捨てた水に手をあてて確認してみたほうがいいと思います(一回目はおそらく熱いんで気をつけてください)

食した感想

うん これはうまいです。カップ焼きそば好き 冷やし中華好きならまずもっておいしく食べられると思います。特性のタレにゴマと海苔の風味があわさってカップ焼きそばよりさわやかな後味です。錦糸卵やきゅうり、キムチなどを添えるとより冷やし中華度UP間違いなし(当たり前か)

来年の夏はこいつでキマリ!!

わりと本当におすすめです。さすがにもう売ってないかな~

スポンサーリンク