デジタルカメラの選び方

スポンサーリンク




今日は少し趣を変えて趣味分野としてデジカメの選び方というエントリーです。

いわゆる写メというものが流行りだしてから写真を撮る行為がぐっと身近になりました。今ではスマホで撮影し、そこからSNSにアップする行為は市民権を得たといってもいいと思います。そして技術の進歩で今どきのスマホはデジカメに負けない写りを見せてくれます。そのため実際にコンパクトデジタルカメラの市場は縮小しており、メーカーは差別化として個性的な機種やアクションカメラといった分野に活路を見出そうとしています。

ではこの先カメラは必要ないのでしょうか また今までスマホで撮っていたけどデジカメも買ってみようかなあって人のために今日はこの辺に踏み込んでみます。

僕自身はデジカメは好きですが、このブログはアフィリをやっていませんし、メーカーから謝礼をもらっての記事ではないので一切混じり気のない僕の素直な考えです。

デジタルカメラが欲しくなる理由はなんだろう

スマホで十分という人はあえてカメラを買う必要はありません。特に昼間の光量が多い環境ではぱっと見て見分けられる人の方が少ないでしょう。そしてアプリでエフェクトもかけられるし、ある程度のことはスマホでも十分できてしまうのです。むしろSNSにアップするのであればスマホで撮ってアップが簡易で合理的なのです。そして上記のとおりカメラは多様化をしています。なのでカメラが欲しいっていう人は自分が取りたいものや撮影スタイル 単純なデザインで選ぶ時代だと思っています。つまり逆を言うとそこらのコンパクトデジタルカメラは何を買っても写りはだいたい同じだということです。ちなみにカメラが欲しいという人は一般的には以下のような理由ではないでしょうか

  1. さらに画質を良くしたい
  2. さらに思い通り操作したい
  3. カメラを持っているとおしゃれ
  4. 人とは変わった写真が撮りたい

4は微妙ですが、それでも選び方次第でデジカメを買えばすべて解決できます。4については特定のカメラでないと写せないものもありますが、人と違う写真っていうのはいわゆるアイディア次第のところもありますので、自分が取りたい写真は本当にカメラでないとだめだと理解してからそれに合うカメラをチョイスしてください。

デジカメの種類について知る

デジカメと言っても多種多様ですが大きくは以下のとおりに分類でき、それぞれ特徴があります。

構造上の分類

  • レンズ交換式とレンズ固定式…読んで字のごとくレンズ交換できるか否かです。レンズを交換するメリットとしては被写体などに応じてレンズを選択できることです。わかりやすい例が遠くのものを大きく写したいときに望遠レンズを使い、広い範囲を一度に写したいときに広角レンズを使うなどの使い分けができることです。また接写にはマクロレンズだったりデフォルメのきいた写真として魚眼レンズを使うこともできます。レンズ固定式はそのレンズの性格・能力までの撮影しかできません。後述しますが、一本で様々な機能を持つレンズもあるものの、その場合は画質や明るさなどがが犠牲になることが多いです。レンズ固定式でコンパクトなものを一般的にコンパクトデジタルカメラとよばれます。またレンズ交換式はボディに取り付けられるレンズの規格が定められていますので注意してください
  • 一眼レフとミラーレス…ミラーレスも大分一般的に使われるようになりましたが知らない方のためにご説明しますと、一眼レフというものはレンズを通した光をミラーで反射させて、光学ファインダーに像を結びますが、ミラーレスは文字通りそのミラーが無く、レンズを通した光をカメラで言うフィルムに該当するセンサーで直接取り込んで電子ファインダーなどに表示させるものです。一般的な特徴としてはミラーレスの方がミラーがない分構造上もシンプルで軽量な作りになりますが、そのかわり電池の消耗はかなり早いです。

用途上の分類

  • スチールカメラ…いわゆる静止画撮影を主に行ういわゆる一般的なカメラです。(ただし今は動画機能付きも当たり前にはなりました)
  • アクションカメラ…静止画撮影より動画撮影向きで例えばスポーツなどしているときに自分目線などの映像が撮影できるもので、性格上小型で防水機能を持ったりWifiなどの無線機能を持ったカメラが多いです。
  • ドローン…最近問題にもなりましたが空撮用カメラです。大きなものはレンズ交換式を搭載しています。

 

画質の差はどこで出る?

一般的にはセンサーの性能とレンズの性能 そして画像処理のアルゴリズム(画像処理エンジンと呼ばれます)と考えて間違いありません。

このうち影響が大きいのはセンサーとレンズで、センサーはサイズが大きいほど画質はよくなります。レンズも画角(写せる範囲)が同じであれば大きい方が画質がいい傾向にあります。単純に考えてカメラは光を写し撮るものですから何事にもサイズが大きい方が多くの光を集められ、情報量が多くなるので画質が良くなるのです。この辺はなんとなく理屈でわかりますよね。なのでスマホと画質の差が最も出やすいのが暗所での撮影です。

参考までにセンサーサイズはiPhone5sに搭載されている1/3型と呼ばれるセンサーは4.8mmx3.6mm フルサイズと呼ばれる大型の一眼レフやミラーレスで使われているセンサーは36mmx24mmと圧倒的な違いがあります。しかしながら最近のスマホには小型のミラーレスで採用されている1型センサーを搭載する機種が現れました。サイズは13.2mmx8.8mmとなります。

スマホでは夜の撮影は難しく、写せてもザラザラの画像だったり細部がつぶれてしまっているケースが多いと思います。これはわずかな光でも映るように(一般的には)自動でセンサーの感度(光を感じる具合)が上がるため、その分ノイズなども増幅されてしまうのでザラザラになり、画像処理のアルゴリズムがそのザラザラを目立たなくするために処理をかけると細部がつぶれてしまうことになるのです。また夜の場合はオートフォーカスも遅くなる傾向にあります。

また同じ画角であればセンサーが大きい方が背景などを大きくぼかせます。ぼかせるということはピントが合う範囲が狭いのでその分難しくはなりますが、主役がはっきりしていわゆる雰囲気のいい写真になります。

画素数には注意しよう…画素とは画像を構成する最小単位のマスのことでデジタル画像はその集合体です。マスの大きさを画素ピッチと呼びます。一般的には画素が多い分高精細な画像となりますが、画素が増える場合はマスの大きさそのものが小さくなるため、そうなると光を十分取り込めなくなります。こうなると色や光が飽和しやすくなり、画質には不利になります。このため、一概に画素が多い=高画質ではありません 十分に大きいセンサーを使い画素ピッチを確保する必要があります。フルサイズの2000万画素アイフォンのセンサーサイズの2000万画素を同列に語ってはいけません、また画素が増えるとその分ファイルのサイズが大きくなるのでここも注意が必要です

カタログに出ない差にも配慮しよう

  • 持った感触(手になじむかどうかなど)
  • オートフォーカスの速度
  • メニューの操作性

実はどれも大切な要素です。直感的に操作できるか 構えたところに素直に早くピントが合うか 持って手になじむか できればホットモック呼ばれる電源が入る実際の機器を触って確かめてみてください。さらに細かく言えばシャッター音なんかも気にする人は気にしますね。

レンズの選び方

レンズ交換式カメラはレンズを選べます またレンズ一体型でもレンズ部分の性能を把握してチョイスしてみることをおすすめします。

レンズの性能

  • 焦点距離…レンズの焦点距離でレンズの主点から焦点(センサー部)までの距離をいいます。ミリであらわされ、数字が小さい方が広い範囲を写せますし数字が多きいと遠くのものを大きく写せる望遠レンズとなります。ただし、同じ焦点距離でもセンサーのサイズで映る範囲が異なるため、単純に比較できないので初心者には難しい所ですが、一つの基準としてカタログなどに書いている35mm換算というものが目安になります。※35mmとは昔のフィルムの幅で今のデジカメで言いうとフルサイズと呼ばれるセンサーです。昔のフィルムカメラ時代からのユーザーに分かりやすくするために表記されているものと思いますが、この場合は50mmが人間の視野に近い標準的な画角と呼ばれています。(画角なども合わせて確認してみてください)
  • F値…焦点距離を有効口径で割った値です。ピンとこないかもですが、一般的には数字が小さいほど光を多く集められる(明るい)レンズと表現され、同じくF値が小さい方がピントの合う範囲がせまくなります。F2.8以下が明るいレンズと言われますが、その分高価になりがちです。
  • 最短撮影距離…被写体にピントを合わせることができる最短の撮影距離です。撮影倍率などのからみもあるのですが、一般的にこの距離が近いと便利です。

その他口径色だとか逆行性能とかいろいろあるのですが上の三つを重視して選べばよいと思います。

レンズの性格

標準レンズ…上記のように焦点距離50mm前後のレンズを言います 日常のスナップなどに適します。人間の視野に近いため扱いやすいです。

望遠レンズ…遠くものを大きく写せます。スポーツや動物撮影に適しています 厳密に定義はありませんが焦点距離100mm以上が分類されます その分レンズも大きなものが多いです。

広角レンズ…広い範囲を写せます 風景などに適しています。ただしセンサーの幅は変わらないので厳密にはゆがみが生じ、中央にあるものは小さく写り、周囲のものが大きく写ります 集合写真に使うと周囲の人の顔がゆがんでしまうので要注意です。28mm以下のレンズを広角レンズと呼ばれることが多いです、

魚眼レンズ…極端に歪曲して映るレンズです。星景写真やアイディア次第で使うレンズです

マクロレンズ…接写が行えるレンズです。花や昆虫 小物など近くのものをクローズアップして撮影できます

単焦点レンズ…画角が固定されているレンズでそこが不便なものの、構造をシンプルにかつ明るいレンズが作りやすく、描写にも有利です。望遠の単焦点レンズ 広角単焦点などと画角と組み合わせて呼ばれます。

ズームレンズ…画角が変更できるレンズです。便利ですが明るさ、画質などは単焦点に劣ると言われています。これも望遠ズーム 広角ズームなど画角で呼ばれます。

参考 iphone6の場合はセンサーが小さいため焦点距離4.15mmですが35mm換算だと29mmになります 画角は70度です

まとめ

いかがでしたでしょうか 選ぶ際の参考になればいいのですが、個人的には差別化をはかるためにセンサーサイズの大きなカメラがおすすめです。

とはいえフルサイズになると高価ですし、大きく重くなってしまいます。なので個人的にはオリンパスやパナソニックが採用しているマイクロフォーサーズか規格がおすすめです。

今のスマホとの画質面の差もわかりやすいですし、小型で安価で明るい単焦点レンズが多いのも特徴です これはレンズ交換の入門としては最適だと思います。

もしくは大型センサーを積んだコンパクトカメラですね。レンズ交換はできませんが趣味性が高いものはレンズとセンサーの性能が最大限引き出される設計になっており、画質面ではかなり有利です。

さらに大切にしてほしいのが以下のポイントです

  • 可搬性…結局重い 大きいとなると持ち出さなくなってしまいがちです。カメラは持ち歩いでなんぼなのです。
  • 撮る気分にさせてくれるかどうか…雰囲気も大事です
  • 電源ONからの速射性…さっと取り出してすぐ撮影できる

予算が厳しければ最近のカメラなら中古でも十分だと思います 今どきどのカメラでもよく映りますのでフィーリングで選ぶのもOKです。

このあたりも参考にデジカメライフ はじめてみることをお薦めします。

 

 

スポンサーリンク