ヒューストンに愛の手を

スポンサーリンク




アメリカの都市ヒューストンは8月下旬にハリケーン「ハービー」による影響で深刻な洪水の被害を受け、多数の死傷者 行方不明者が出てしまいました。大人の胸の高さに及ぶ洪水などは東日本大震災の津波を想起させる恐ろしい災害です。今回の被害はハリケーンそのものではなく線状降水帯と呼ばれる局所的な豪雨によるものです。

線状降水帯とは

今年日本でも九州で発生していますので覚えている方もいらっしゃるでしょう。二年前の広島でも発生しています。発生した積乱雲がほぼ同じ地域に発生し、停滞しつつかつ線状に伸びていく現象を言います。

ただしはっきりとした原因はわかっておらず、またわかっていたとしても自然現象だけに防止することも難しいでしょうが、夏場のゲリラ豪雨は短期間で通過、あるいは収束するといったパターンとは異なるため、対策は容易ではありません。(町、地域レベルで治水を見直す必要がありますので現実的ではないでしょう)

最近は異常気象という言葉が陳腐になるほど様々な気象が観測されています。とはいえ地球ができて46憶年 その時間を考えれば人類が観測してきた気象データなどほんの一瞬の出来事に過ぎません。

逆に何が起きても驚かないくらいの気持ちでいたほうがいいと思います。 まあ、今回は異常気象をテーマに取り上げるつもりもなく、なぜヒューストンの記事を取り上げたかといいますと千葉市とヒューストンは姉妹都市の関係を結んでおり、今年で45周年の節目ということもあり、千葉市在住の一市民としてせっかくのこういったツールで情報を拡散させていただくためなのです。

ヒューストンと千葉市の関係

千葉市とヒューストンが姉妹都市となって45周年となり毎年のように交流行事が行われているほか、本ブログでも取り上げた大賀蓮も寄贈されています。

大賀蓮の記事はコチラ

大賀蓮の原点を訪ねて花園ハス祭り観蓮会へ行ってきた。

2017.07.16

太古の遺産 千葉公園の大賀蓮を見に行こう

2017.06.14

 

また東日本大震災の際にはお見舞いやメッセージをいただいています。

そこで今回はこちらがお返しできないかというわけです。

千葉市でヒューストンへの支援を受付中

千葉市のホームページからヒューストンへの見舞金、メッセージ、寄せ書きを受けつけています。私もわずかばかりですが、お見舞いを差し上げたいと思います。

千葉市の受付ページはこちらです(10/2まで)

https://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/kokusai/2017-houston-support.html

多くの方のご協力が得られるとうれしいのですが、悲しいかなマイナー中のマイナーブログである本ブログでは拡散具合がイマイチ

とはいえ書かないよりはいい!ということで取り上げさせていただきました。

ヒューストンとはテキサスにある全米第四の都市です。工業、自然、文化などの調和がとれた先進的な都市という印象もあります。

機会があれば訪れてみたいですね。ハードルは高いですが・・・

スポンサーリンク