最近のマスコミの報道姿勢に疑問を感じています

スポンサーリンク




今日は最近のマスコミ(主にTV)の報道について触れてみたいと思います。

特に政治問題は森友学園問題や加計学園問題などどうも一般の人にはわかりにくい報道がされていますね。またテロ等準備罪についてもものごとの本質は一体なんなのか
といったところがイマイチ釈然としません。その中でも一番最近騒がれている加計学園問題について自分の考えも含め整理してみたいと思います。

ことのきっかけは

民進党玉木議員が加計学園の獣医学部設置に向けて安倍総理が不当に働きかけをおこなったのではないかという怪文書を取り上げたことから始まります。

これで何が揉めているかというとこの怪文書が怪文書のままであり、公式な行政文書でもなんでもないというところからきています。なので玉木議員はじめ民進党としては安倍総理が怪しいので無実を証明しろとか説明しろとか求めていたわけなのです。

マスコミや野党の追及姿勢は問題

まあ、確かに火のないところに煙は立たずといったことわざもあるわけですが、それでもそういった事実があったかどうかは発議を行う側が事実関係を調査し、証拠なりを提示する必要があります。疑われた側が無実を証明するというのはいわゆる悪魔の証明となるのです。朝日新聞の社説には安倍首相側に説明責任があると書いていますが、筋違いかと思います。

例えばA君がB君にお金を貸しました。 それが一向に返却されません。でもB君は借りた覚えがありません。そこでA君に貸した証拠何かと聞くと「B君は金遣いが荒くて怪しいからです。」なんてことを吹っ掛けられていているところに挙句の果てに借りていない証拠をB君が証明せよと言っているようなものです。このような理屈が成り立てば誰でも彼でも適当なことをでっちあげて相手にそれを証明せよなんてことがやりたい放題になるのです。

出所がわからない文書を適当にでっちあげてそれがあるから怪しいなんてことはおかしすぎます

そして周辺情報も含め調べても一向に証拠が出てきません

そもそもこの問題は獣医師会と文科省が新しい獣医学部を認可しなかったところが問題のねっこにあると思います。
すべての情報は手繰り寄せきれないのですが自分なりにはネットにもある
次のようなストーリーで間違えないような気がします

そもそもの流れはどうだったのか

本当に獣医学部が足りているのか 国家戦略特区WGの委員tpこのあたりの議論になったときに文科省側は農水省が足りていると言っている 本当に不足しているなら需給予測を作って欲しいと回答しています。これも挙証責任が入れ替わっている話なのですが…
スジ論では本来は文科省側が提示しなければなりません。しかし一定期間(約二年)の猶予を与えたにも関わらず文科省側から需給予測を作らないばかりか合理的説明がないままはり進展しなかったため、加計学園の獣医学部は設置の方向で進めらてしまったのです。ちなみに獣医師会の議事録に当時獣医師会が担当大臣だった農水族議員の石破茂氏が一枚かんで新設反対に動いていたことが記録に残っています。

このタイミングで文科省の人間が自分の利権を守れなくなりそうな言い訳として作られたのが例の怪文書というのが大筋の見方です。そこには総理の意向だと聞いているというきわめてあいまいな表現がなされています。日付や作成者 部門の名前もなくこんなもので行政がこんな文書で仕事を進めるはずがないのです。

またどうしても利権を守りたかった文科省はやむをえずかけ学園一校だけという妥協案を出しますが、とりあえず新しく獣医学部が認可されたと聞いて京産大が手をあげますが、一校だけという既定路線があり、却下されてしまったのです。また京産大自身も準備不足を認めており、加計学園に特別計らいがあったわけではありません。

他にもいろんなことが明らかになっています。

他にもいろいろ事実として明らかになっているものがあります

この件は第一次安倍内閣では内閣では却下されています。加計学園の理事長と安倍総理が親密な友人だから計らいがあったという理屈は説明がつきません。また民進の江田五月氏も加計学園から献金を受けています。
ちなみにこの件はそもそも鳩山内閣時代に提案をあげています。

の真実はYoutubeにあるという加戸前愛媛県知事の発言は見過ごされるべきではないでしょう

特にこの動画はどこのマスコミにも報道されませんでした

https://www.youtube.com/watch?v=3xZBIuASpg8

マスコミは報道の姿勢を見直してほしい

どう見ても明らかにマスコミの報道姿勢に問題があるように思えます

マスコミの影響により民進党や共産党などの与党がつけあがる結果になっているとも感じます。

確かに権力を監視し、牽制することも必要でしょう しかしそのために嘘やでたらめ、トリミング、証拠や裏付けが不十分なものを事実のように報道することは明らかにおかしいと思います。
安倍首相が嫌いならそれでもいいのですが、仮にも日本舵取りを行う国家の最重要ポストを感情論で批判してはなりません。

マスコミは真実を淡々と報道することが第一義です。
また評論などについては人が書いたり発言する以上はなにがしかのバイアスはかかるものですが、今出ている情報すべてを判断し、論ずるべきでしょう
同じような事案があっても一方は取り上げる 一方は取り上げないなどのダブルスタンダードがあってはならないのです。

今はネットがあり沢山の真実を知る人がいる以上は嘘やでたらめなどはすぐに拡散されていくのです、

国会のやりとりも動画がたくさん上がっていますし、公の会議であれば議事録も公開されているものが多いです。

そのことを踏まえたうえで公平、冷静な報道をお願いしたいと思います。

 

スポンサーリンク