ブログとTwitter

スポンサーリンク




ブログを始めてから一か月過ぎていますが、実はツイッターカウントも持っています@pikkeylife

でもつぶやくことは基本ありません。つぶやかないって決めてるわけではないのですが

例えば目の前に面白いことがあったり情報があったとしてもとして瞬時に発信しようと思わないのですね。

でもブログだとなぜか更新しようという気になります。これはなぜなんだろうと考えてみました。

まあ、昨今はほかにも様々なSNSがありますが、代表としてツイッターとブログを比較してみます。

ブログとツイッターの比較

ブログの特徴

  • 文字数に制限はない(情報をまとめて発信できる)
  • ストック型のメディアである(情報が蓄積される)
  • 有用な記事は検索される

 

ツイッターの特徴

  • 文字数は140文字以内
  • フロー型のメディアである(情報が蓄積されない
  • リツイート機能などがあり、情報拡散が早い

こんなところでしょうか 他にはブログのほうが情報量が多い分表現の内容が多く、また投降までに推敲が効きやすいと思います。またその情報は検索ワードなどでも見つかるため、有用な記事であれば何年たってもアクセスを集められます。その分ツイッターのようにリアルタイムでの情報更新となると難しいと思います。

ツイッターの場合は手軽に発信できる分、情報も早いのでリアルタイムでどうなのかといった情報集めには向いていると思いますが、ノリや勢いでの投稿も生じやすいため、場合により炎上状態となりやすい状況かと思いますし、後から当時を振り返ってなんて感じでは使いにくいです(ハッシュタグを活用する手もありますが、ブログには及びません)

 

どう使い分ける?

あくまで僕の場合ですが、出かけたときの現地情報の収集など今日や今現在の状況など比較的直近での動きはツイッターが優れています。代表例が電車遅れの情報やニュース 旅行先での観光地の様子確認などですね

ブログはレビュー記事など何かの比較情報や写真 図示された情報などでじっくりと情報収集することに向いていると思います。(発信する側もしかりです)また過去の情報も探りやすいですね。

 

まとめ

ということで僕には性格的にブログが向いているようです。電車が遅れたからってツイッターにはつぶやきません。ツイッター自体は利用させてもらって助かってはいるのですが。。。

ただ両方使ってみる手はあると思います。ツイッターでたくさんのフォロワーをあつめてそこでブログ更新しましたなんてつぶやけばみんなブログ見に来るかもです。

他にも主なSNSとしてフェイスブックやグーグルプラスなど様々なSNSがありますのでうまく使い分けたいですね。

 

スポンサーリンク