面接官を務めた自分が感じる採用したい人

スポンサーリンク




今年も自分の企業にインターンシップの学生がやってきます。僕もはるか昔に就職活動をしましたが、当時はバブルの余韻も残っており、完全な売り手市場 あまり深く考えず適当に就職をしました。とにかく就職できればいいやくらいの感覚でしたが無自覚。無目的とは怖いですね。学生当時はもちろん働いてからもしばらくは自分の将来像が描けていませんでした。何度か転職を繰り返しながらまあ、それでもどうにか途中から巻き直して今に至っています。

そして時がすぎ先日も中途入社社員の面接を行う機会があり、いよいよ自分も採用する側の立場にたつようになりました。

あくまで僕の場合ですが、採用する側が何を考えてどのような人に好感を持ったか考えを述べてみます。就職、転職活動されている方の参考になれば幸いです。

面接のプレッシャー

最初に申し上げておきますが、僕は人事なり採用担当を専業にしているわけではありません、一組織のサブリーダークラスです。しかし自分たちの組織に迎える人材はどのような人がいいのか 自分の組織はもちろん周辺組織ひいては会社全体のことを考えて面接に臨むようにしています。正社員として採用するとなると会社としてはその人の年収以上のコストが発生し、またその人の人生にかかわってくるのですから面接をする方も大変なプレッシャーを感じているのです。やっぱりお互いが良かったと思える結果にしたいからです。

何十人と面接をするようになればまた違いうのかもしれませんが当社は会社としても大企業ではないので採用枠も少なく、面接までにかなり絞り込みを行っています失敗した時の影響も大きいのです。

面接の時にどこを見ているか

しっかりとしゃべることができるか

緊張することはやむをえませんが、それでも極端におどおどしていたりしゃべる声が小さい しゃべっている内容が整然としているかといったあたりはまず確認します。 これは非常に目立つポイントです。自分の場合はテストで100点とるよりも重視します。やはり会社組織はコミュニケーションなのです いくら素晴らしい考えをしていてもそれを伝えることができなければだめなのです。まだ学生であれば改善の余地がありますが社会人経験者ではアウトです また学生でもやはりどちらかと言えば前者を採りたくなりますね。

人柄

上と少しかぶるのですが、かといって態度が横柄(自信をもってしゃべっているのとは違います) だったり、真剣ではない態度が見えるようでは正直その時点でバツです。これも協調性に影響しますので能力がある人でも落とします。当たり前じゃないかと思われるのですがまれにいるのです。とういう点は言葉や態度の端々に現れますから特にベテラン面接官は見逃さないでしょう。

発言内容に具体性があるか

学生時代や前の職場で●●を頑張ってきましたということを言ってくるのですが何を頑張ってきたのかが大切です。例えば自分の場合は「組織のマネージャークラスです。部下の統率を頑張ってきました」だけではパンチが無いですよね。例えばこういう目標があってそれを達成するために何をしてきたか そして結果がこうだった。だから次は反省してこうしてみた とか何を考えてどのように行動してきたかが大切なのです。それにより採用する側はその学生の考え方や適性を見ます。面接やエントリーの書類の中ででプレゼン資料を出すこともあるでしょうがその時にも飾られた数字だけではなく、その数字の根拠や分析に踏み込めるといいですね。

資格は大切

職種によりますが、資格はとても大切です。ないと仕事そのものがができないケースもあります。上でも書きましたが資格があると具体的に努力してきた成果がわかりやすく伝わります。もちろん社会人になってからでも資格にはチャレンジできますが、学生のうちにとれる資格はとっておいた方がいいです。働きながらの試験勉強は大変ですよ。無いとだめではありませんが、あった方があきらかにアドバンテージです。

奇のてらいすぎはNG

目立つことをしようとしすぎるのもダメです。面接官はあなたと一緒に働きたいか 一緒に働けばお互いプラスになるかといったところを見ています。また癖のありすぎる人は組織になじめるかといった部分の心配があります。アピールの気持ちは大切ですが常識の範囲にとどめておいた方が無難です。

実績自慢は紙一重

とにかくいろいろあれもこれもアピールしてくる人がいます。必死な売り込みは気持ちとして理解しますが、これも度が過ぎると鼻につきます。ある程度ネタは絞った方がいいでしょう。また皆の協力で出来たといった謙虚な姿勢であればなおプラスです。

身の丈にあった会社を選ぼう

職業選択の自由がこの国にはあります。でも現実としてはやはり自分の身の丈、あるいは得意分野で勝負できる会社を選びましょう。例えば自分が所属する会社は俗にいう一流企業ではありません。だからといって学歴が高い人や一流学校から応募があれば採用するかといえばしません。あくまで必要なのは自分の会社で活躍してくれる人材です。東大法学部なんて人が応募してきても正直どうやってお断りするか困るレベルです(笑)

まれにそういう人がいるのですね、受けてやってるんだ的な感覚の人が…

またそうでなくてそれなりにきちんとした人柄に人でもそういう人は往々にして長続きしないのです。それはやはり能力を持て余してしまったりするケースが出てくるのですね。

それからありがちなのがたまたま有名な会社で応募があって、応募条件は満たしているし、有名な会社に勤めたいから本当に自分のやりたい仕事じゃなけど応募してみようってなケースです。

有名な会社がいい会社ではないですし、無名でもいい会社はたくさんあります。会社名やブランドはさておく形でやりたい仕事を選ぶようにしてください。

学校と違い会社に偏差値はありません。しかし仕事の内容やレベルは確実に存在します。とりあえず受かればいいや的な感覚でこられてしまうとこちらも困りますので、ある程度具体的にこの仕事は長く続けられそうかってところを想像してみてください。

自分のストーリーを整合性をもって語れるか

最後になりますが、自分の人生を相手に納得いく形で語れるかどうかた大切です。よく転職が多い人が不利だと言われます。うちの会社も長続きしないのでは?といった心配があるからです。でもそこはしかり自分の考え方を語れればさほど心配はいらないと感じています。自分も5,6回転職を繰り返しています。30後半で今の会社に落ち着いていますが、自慢ではないですがその時受けた数社から100%採用の連絡をいただきました。

その時に注意したのが身の振り方をどう語るかです。なぜ転職したのか キャリアップのためとか教科書的な答えではだめです。この会社でこのような仕事をして資格をとったが次のステップとしてこう考えた、あるいは仕事をしてこういう考え方が得られたので次はこの道に進んだ こういったストーリーで相手に共感を得られるかどうかが大切なのです。

まとめ

ちょいと上から目線でいろいろ書かせていただきましたが、それこそ学生も面接官や面接の様子から会社を見極める気持ちを持ってください。

上に書いたことはあくまで僕の場合の考え方です。特に業界、職種あるいは面接官により戦略や考え方は異なるかもしれませんのでそのあたりは参考程度ととらえてください。

人間関係とかは確かに入社しないとわからないところもありますが、どのような社風なのか 最大限能力を使ってリサーチしてみてくださいね。新卒は一生に一度の武器です、

あせって妥協することはありません また受かるのも落ちるのも運要素がからむのは確かです。なので反省すべきところは反省すべきですが、切り替えも大切です。

何十回も面接落ちているという話も聞きますが、何が悪かったのか 冷静になって考えてみてください。悔いのない活動となることをお祈り申し上げます。

 

 

 

 

スポンサーリンク