何も考えない時間の大切さ~プチ瞑想のすすめ

スポンサーリンク




ウォーキングで頭が活性化する話をしましたが、空いた時間を見つけて何も考えない時間を設けるようにしてみました。

最近はとにかく効率重視の考え方が主流になっている気がしますが、人は何かしら行動しています。スマホを見たりPC見たり、余暇といってもテレビを見たり読書をしたり体を動かしていたりとにかく寝ているとき以外なにかしらしていると思います。そうなると良くも悪くも情報過多になるんですね。で様々な情報がオーバーブローして、肝心な情報がぼやけてしまったり、ふと気が付くと一日終わってしまったなんてこともあります。

何も考えない時間も勿論そんな長い時間は難しかったりしますが、10分でも15分でもあるいは5分でも自分の中ですっきりすることがわかりました。

自分流プチ瞑想

やり方は簡単 椅子に座ったり立ったままでもいいので目をつぶってみる感じです。もしくは壁なり窓の景色を見るでもいいと思います。横になってもいいのですが、疲れているときなど寝てしまわないように注意です。何も考えない時間と書きましたのでここで頭をからっぽにしてもいいのですが、僕の場合は何か考え事が浮かんで来たらそれを考えるようにしています。そして一定の時間で切り上げます。

本格的な瞑想になると座禅を組んでマントラを唱えたりしてとにかく意識や精神の集中をたかめるイメージですよね。僕はそこまでやらないです。

やってダメということはもちろんありません。例えば呼吸を意識してリラックスなんてもの悪くはありませんが、僕の場合はただ考えない 頭に思考が浮かんで来たら無理して排除しないということです。

普段から心配事や悩み事なので思い詰めている人は本当に頭を~にする時間は作った方がいいのかもしれませんが、僕の場合はそうでもないので・・・

どのような成果があるのか

一般的には瞑想にはストレス解消 リラックス効果やポジティブになれるなどががうたわれています ただし僕の場合は本格的な瞑想だったり座禅だったりの気持ちではやっていませんのでそこまでの効果はうたいませんが、すっきりして前向きになれるのはのは確かです。そして考えごとをしていた場合それが整理されてにそれを実行しようという気になります。あくまで僕の場合でなんか科学的な根拠があるわけではありませんけど

ただいきなり瞑想っていうとハードルがあがりますし、実は瞑想はめまいや不安が増したりとかの弊害が報告されていますので本格的にやる場合は注意が必要です。

ちょっとしたまとめ

瞑想って書くと敷居が高いかもしれませんが、要はボケっとするだけくらいの感覚がいいと思います。眠る前よりは日常生活を送っている時間に設けるといいと感じました。

いずれにしても苦痛になってはいけないですし、無理に毎日とか思わずにちょっと空いた時間に試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク