豊洲市場の無害化が達成できず小池都知事が謝罪

スポンサーリンク




小池東京都知事が豊洲市場の開場条件である無害化が達成できないとして

関係者に謝罪したとのニュースが流れました。個人的にはもう移転しかないどろうと思っていますが

やはりどうも結論としては豊洲移転で落着しそうな方向で報道されているようですね。

今回はこの豊洲問題について触れてみたいと思います。

先ずは豊洲問題を超ざっくりおさらい

現在の築地市場の老朽化にともないこの対応についてどうするか議論されてきました

今の築地を使い続ける改修案もありましたが、工期が長くなる、費用がかさむなどの理由もあり

2001年に石原都知事時代に豊洲移転が決定され、舛添都知事時代に工事が進められてきました。

豊洲市場の建物などはほぼ完成に近づきつつあるところで昨年就任した小池都知事が安全性の問題や

事業費用などもろもろで透明性を欠くということでゼロベースでの再検討を決定しました。

まあ、再検討するならするでいいのですが、その後の動きはどうにも説得力がないものだと感じました。

東京オリンピックが控える中自らのパフォーマンスのために迷走していたように見えます。

いろいろ課題や対案について整理していくと

築地市場の継続使用→抜本的な問題としてスペース不足。3000億をこえる試算に営業を継続しながらの

改修も困難 工事に20年以上などを考慮すると築地の継続は困難と思います。

豊洲を売却する→これまで豊洲にかかったといわれる6000億を考えると豊洲を更地にして

売却してもトータルで利益が出るとは思えません。ましてや土壌汚染のイメージも

あるので高額では売却できないでしょう。

安全性の問題→豊洲ならではの具体的な危険性については特に立証されていません。

また小池都知事自身が築地の汚染はコンクリートでおおわれているので

問題ないという発言もありダブスタ発言でますます説得力のないものに

なってしまいました。

安全性については個人的には中西準子氏のインタビュー記事に同感です。

個人的なまとめ

ということで豊洲への移転費用や豊洲新市場の維持費が高額であるといった課題もあるのですが

現状ほかに良い移転先なども見込めない現状では個人的には移転が最善ではないかと思う次第です。

特に費用面の比較はこちらの記事が具体的で参考になります。特に市場PTの試算はかなり公平性を欠く印象です。

現状豊洲にも課題はあるのでしょう でもその課題を解決する対案は見えてきません。

築地老朽化はかなり前から議論されてきており、いい方は悪いですが、事ここに及んで今更立ち止まって

考え直そうったってそうそううまくいかないのではと思います。

政治家ですしパフォーマンスが悪いわけではないのですが、都議選のネタにするようなことは

やめてもらいたいですし、都民ファーストを謡うなら冷静な判断をお願いしたいところです。

と千葉県民が思ってみました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク