タバコはやめた方がいい

スポンサーリンク




都民ファーストの会が受動喫煙に関する条例案の提出を検討している件が話題になっていますね。

本当にタバコは害なのか といった問題もありますが、問題は吸いたくもない人がすわされている状況受動喫煙にあります。自分はタバコを吸いませんが、嗜好品ですので吸いたい人のことも配慮しつつこの問題について考えてみます。

タバコは害か

本当にタバコは害なのでしょうか 大麻が禁止されていてタバコが許可されている理由はなんでしょうか 今のご時世タバコは広告の類まで制限されています。またパッケージにも健康のためすいすぎ云々の注意喚起 そこまで体にとって有害と扱うならいっそ販売を禁止したらいいと吸わない僕は思わずにはいわれません。もちろんそうなってしまえば世の中への影響が大きいのでおいそれと禁止にはできないのでしょうが…

はっきり言いますとタバコは体によくないと思っています。ただし現状がんやその他の病気に直結するリスクは科学的に証明されてはいないようですが、それでもたくさんの化学物質が含まれていますし、ニコチン中毒と原因となるのは間違いありません。そしてそもそもとして空気以外の気体を体に取り込むこと自体は常識的に考えてよくないことだと思っています。

一番の問題はマナー

とはいえ現状違法ではないのですからあとはマナーの問題につきます。やはりこういったことは吸う側が配慮しなければならないことだと思います。

自分も不快に感じていますが歩きたばこなど公共の場所での喫煙ははなはだ迷惑です。またポイ捨てなんかも見ていて不愉快ですし、誰かがそのごみを拾わなければならないわけで、やはり景観を損ねるほか誰かしらの迷惑になっているわけです。たちが悪いのがフィルターなどを通さない分受動喫煙の悪影響がでかいということです。

条例があるないではなく人としてのマナーの欠落からこのような問題になってくるのだと思います。確かに昔は電車でもタバコは吸えましたし、吸う側にとっては昔はよかったのになんてことで住みにくい世の中と感じているかもしれませんが、これはやむをえないことだと思います。

そして中にはしっかりマナーを守って吸っている方も沢山いることと思いますが、そうであるほど一部のマナーの乱れが目立つ影響でこういった問題になってきていると思います。

法律(条例)をどう変えるべきか

タバコは今でも地域の条例で路上喫煙が禁止になったりしています。これ以上はなかなか難しいかもしれません。ただ人ごみが多い都市部などはやはり路上喫煙は禁止とすべきだと思います。受動喫煙だけでなくやはり火にともなう危険もあります。だからといって誰もいない場所で吸うのはいいと思いますし、妥協点としては人が半径10m以内にいるときは吸わないといったあたりでしょうか?

ただ小さい子供がいる家の中でも禁止となるとやや過剰だとおもいます。家の中のことは家人の責任において行うことなので啓蒙くらいにとどめておくべきでしょう。タバコは何かというと値上げの議論に持ち出されやや気の毒には思いますが、社会的な流れの中では仕方がないと思います。

またタバコから話はそれますが、お酒も対策が必要だと思います。お酒(アルコール)に対する強さは個人差はあるのですが、それでも一公共の場やお店では定量以上飲ませない施策は必要だと思います。適量であれば体にいいものの過剰摂取は泥酔状態となり、やはり本人のみならず周囲への迷惑となります。これも法律や条例となればなかなか難しいのですが、検討の余地はあると考えています。

まとめ

やはりいろいろ考えていくとタバコは百害あって一利なしだと思います。タバコを吸うことでリラックスできるなどどいう人もいるのですが、タバコを吸わない人はそれでもほかにリラックスする術を見つけていますので厳しく言うとタバコがないとというのはその人の甘えだと言えます。確かに癖になってしまっているのはそれなり難しいことで、禁煙を挫折した人もたくさんいることでしょう。それでも個人的には禁煙に向けて頑張ってほしいですね。実際成功した人もいるのですし、いろいろ方法はあると思うので自分にあったやり方で禁煙にトライしてほしいです。

ま、それでもやめられない人もいるのでしょうが、忘れないでいただきたいのがどんなことでも度を過ぎれば問題となるということです。お酒やたばこに限らず自分や周りを守るためにも公共の場では節度ある行動を保ちたいですね。

スポンサーリンク